誠に勝手ながら、現在、業務のご依頼をお受けしておりません

「niagoマイノリティサポート」は、現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

社会的少数者・性的少数者(LGBTX)の方々の権利を一緒に守ります!

「niagoマイノリティサポート」は、埼玉県蕨市(わらびし)の「みなみ行政書士事務所」が運営している社会的少数者・性的少数者(セクシャルマイノリティ・LGBTX)の方々のためのサービスです。

事実婚・内縁・非婚・子なし夫婦・おひとりさまなどの社会的少数者の方々、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的少数者(LGBTX)の方々、そういったマイノリティの方々は、マジョリティ向けに作られている現行の法律や制度では守られない部分が多いのが現状です。

「niagoマイノリティサポート」では、そんな現行の社会制度や法律の中から、マイノリティの方々がご自分やパートナーを守るために活かせるものをご紹介し、マイノリティの方々の不安を少しでも解消し、対策を立ていくためのお手伝いをいたしております。

マイノリティとしてなかなか誰にも相談できないこと、話を聞いてもらいたいこと、どんなことでも遠慮せずにご相談ください。niagoマイノリティサポートは、マイノリティの方々のための相談窓口です。

守秘義務のある女性行政書士が、親身になってマイノリティの方々のご相談に応じております。


社会的少数者、性的少数者の方々の「もしものとき」のために守秘義務のある女性行政書士が、様々な準備のお手伝いをいたします。

niagoマイノリティサポート マイノリティ支援

社会的少数者・性的少数者(LGBTX)の方々の権利を守る!

思うように身体が動かなくなったときのために「財産管理等の委任契約書作成」

思うように身体が動かなくなったときのために「財産管理等の委任契約書作成」

財産管理等の委任契約とは、身体が不自由になったときに、日常的な契約や事務手続きを代理してもらうためのものです。

事故や病気での長期入院・加齢で思うように動けなくなった場合、簡単なことでも自分ではできなくなります。マイノリティの事前対策として、委任契約書を作っておきませんか。

「財産管理等の委任契約書作成」の詳細へ

認知症になって判断力が衰えたときのために「任意後見契約書作成」

認知症になって判断力が衰えたときのために「任意後見人契約」

任意後見契約とは、本人に判断能力があるうちに、認知症になったときの財産管理や身上監護を依頼しておくものです。

判断能力が衰えた人を守るために「成年後見制度」がありますが、これは家庭裁判所が判断した人が法定後見人となり、自分で選ぶことができません。事実婚や同性パートナーを後見人にするためには、事前に任意後見契約をしておくのがベストです。

「任意後見人契約書作成」の詳細へ

法定相続権のない相手に遺産を遺すために「公正証書遺言作成」

法定相続権のない相手に遺産を遺すために「公正証書遺言作成」

誰に遺産が相続されるかは「民法」で決まっています。事実婚のパートナーや同性パートナーには、法定相続権がありません。法定相続権のない相手に遺産を遺すときは「遺言書」が必要です。

また、子なし夫婦の場合、配偶者に全遺産が相続されるのではなく、死亡した配偶者の両親・兄弟姉妹にも相続されます。法定相続人が誰になるのか。まずはきちんと知っておきませんか。

「公正証書遺言作成」の詳細へ

マイノリティ相談

マイノリティ相談

長期入院や認知症、遺言・相続など「もしも…」のことが起きた場合のこと。マイノリティだからこそ、知っておきたい・相談しておきたいこと。

不安や疑問を少しでも解消し、対策を立てるため、マイノリティのための相談窓口「niagoマイノリティサポート」に、まずは相談してみませんか。

マイノリティ相談の詳細へ

カフェトーク

カフェトーク、メール・FAX相談

身体が不自由になったときのこと、認知症になったときのこと、相続のこと etc…。マイノリティが、知っておきたいいろいろなこと、暗くなりがちな話題だからこそ、楽しいお茶会の雰囲気の中で、一緒にお話ししませんか?

遠方の方やお時間の都合などでお会いするのが難しい方は、メール相談・FAX相談も行っております。

カフェトークの詳細へ

相続・遺言・終活セミナー講師

著作権セミナー講師

niagoマイノリティサポートでは、自治体・NPO法人様・自主グループ様等が主催のマイノリティ向け相続・遺言・終活セミナーの講師をお引き受けいたしております。

身体が不自由になったとき・認知症になったときのこと、相続のこと、遺言のこと、etc…、マイノリティの方々の「終活」に向けて必要な知識を女性行政書士がわかりやすくお話いたします。

相続・遺言・終活セミナー講師の詳細へ

niagoマイノリティサポートの営業エリア

niagoマイノリティサポートの営業エリア

niagoマイノリティサポートでは、埼玉県蕨市・戸田市・川口市・さいたま市・東京23区を中心に、全国からのご相談をうけたまわっております。

ご訪問できるエリアは、原則として埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県等の関東近郊となりますが、メール・お電話でのやりとりのみでも支障のない業務につきましては、関東近郊に限らず、全国からのご相談・ご依頼をお受けいたしております。

niagoマイノリティサポートを運営する行政書士は、全国でも数少ない女性行政書士のひとりです。どちらにお住まいの方でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

行政書士には守秘義務がございます

行政書士には守秘義務がございます

niagoマイノリティサポートは、みなみ行政書士事務所の女性行政書士が運営しております。行政書士には、法律よって守秘義務が課されております。

業務上知り得たお客様の個人情報や機密情報、ご相談内容等を第三者に開示することは決してございません。

違反した場合には、処罰を受け、資格を剥奪されます。また、廃業後も引き続き守秘義務が課されます。

お客様の何よりも大切な秘密を守ることが、私たち行政書士の重要な使命です。いままで誰にも話せなかったことでも、どうか安心してご相談ください。


「niagoマイノリティサポート」は、現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


Copyright©2015-2016 「niago マイノリティサポート」みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.